地盤改良~上棟までの写真

地盤改良の柱状改良工事、攪拌翼を回転させ掘削、次に撹拌しながら固化材を注入
砕石を敷地に敷き込み転圧
掘り下げた周囲にコンクリートを打設し、防湿シートが敷かれます。
基礎の外枠が組まれ鉄筋組みが行われます
底面の基礎部分からコンクリートが流し込まれます
コンクリートの固化を待ち金枠を外し基礎完成
土台となる木材を撃ち止めていく、その後断熱材が入り床となる木材が敷かれていきます
土台完成
上棟開始 足場が組まれます
当日は当社の大工さん総出で施工にあたります
大型クレーンで工程に合わせて木材を運びます
上棟(じょうとう)は文字通り、棟(むね)を上げる事です
太陽で温められた屋根面の温度を下げる通気層を作るためのパネル作り
垂木のの上に屋根下地材を貼ります
防水・耐熱シートを張り、その上から瓦を止めるための瓦桟木施工し終了
防護ネットを張り終了